ハイクノミカタ

夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏草を分けまつさをな妣の国

恩田侑布子


折口信夫に「妣が国へ・常世へ」と題されたエッセイがある。「すさのをのみことが、青山を枯山なす迄慕ひ歎き、いなひのみことが、波の穂を踏んで渡られた「妣が国」は、われわれの祖たちの恋慕した魂のふる郷であつたのであらう」と書く折口の神話学/季節論を、恩田は間違いなく踏まえている。少し強めの風が夏草を煽りながら、歴史の古層までわたっていくようだ。『夢洗ひ』(2016)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  2. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  3. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  4. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  5. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  6. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  7. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】
  8. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP