ハイクノミカタ

夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏草を分けまつさをな妣の国

恩田侑布子


折口信夫に「妣が国へ・常世へ」と題されたエッセイがある。「すさのをのみことが、青山を枯山なす迄慕ひ歎き、いなひのみことが、波の穂を踏んで渡られた「妣が国」は、われわれの祖たちの恋慕した魂のふる郷であつたのであらう」と書く折口の神話学/季節論を、恩田は間違いなく踏まえている。少し強めの風が夏草を煽りながら、歴史の古層までわたっていくようだ。『夢洗ひ』(2016)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  2. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  3. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  4. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  5. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  6. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  7. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  8. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP