ハイクノミカタ

夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

夏草を分けまつさをな妣の国

恩田侑布子


折口信夫に「妣が国へ・常世へ」と題されたエッセイがある。「すさのをのみことが、青山を枯山なす迄慕ひ歎き、いなひのみことが、波の穂を踏んで渡られた「妣が国」は、われわれの祖たちの恋慕した魂のふる郷であつたのであらう」と書く折口の神話学/季節論を、恩田は間違いなく踏まえている。少し強めの風が夏草を煽りながら、歴史の古層までわたっていくようだ。『夢洗ひ』(2016)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  2. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(…
  4. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  5. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】…
  6. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  7. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  8. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  3. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  4. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  5. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  6. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  7. 【春の季語】猫柳
  8. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  9. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 ブリニとタラマ
  10. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  2. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  3. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  4. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 
  5. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  6. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  7. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  8. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  9. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  10. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
PAGE TOP