ハイクノミカタ

髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】


髪ほどけよと秋風にささやかれ

片山由美子 


俳句をはじめたての人なら、「秋風に髪ほどけよとささやかれ」のほうが、定型のリズムにあっているのではないか、と思うかもしれない。しかし、それはまちがい。そのように言葉を組み合わせると、句末の切れが弱く、短歌のように七七をつけたくなってしまう。掲句のように、句またがりにすることによって、七・五・五のリズムになるわけだが、そうするとトータルでは17音であるにもかかわらず、どこか字足らずであるような錯覚を覚える。「ささやかれ」のあとには、長い空白が控えていて、それが短歌になることを妨げているのである。「定型の成熟」というのは、仁平勝の言だけれど、つまりこの句の「ささやかれ」は、文法的にいえば連用形であるにもかかわらず、「かな」や「けり」と同等の切れを句にもたらしている。その余韻(意味的には「ほどいた」ということ)が、冒頭の「髪ほどけよ」という呼びかけと合わさることで、心地よい風にふと気分が変わる女性の一瞬のこころがわりを、うまく詠み止めている。「香雨」2019年10月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  2. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  3. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  4. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(…
  5. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  6. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
  7. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】…
  8. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  3. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  4. 【冬の季語】日短
  5. 【夏の季語】金魚
  6. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  7. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  8. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  3. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  4. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  6. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  7. 【新年の季語】繭玉
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  9. 【春の季語】春
  10. 【秋の季語】残暑
PAGE TOP