ハイクノミカタ

髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】


髪ほどけよと秋風にささやかれ

片山由美子 


俳句をはじめたての人なら、「秋風に髪ほどけよとささやかれ」のほうが、定型のリズムにあっているのではないか、と思うかもしれない。しかし、それはまちがい。そのように言葉を組み合わせると、句末の切れが弱く、短歌のように七七をつけたくなってしまう。掲句のように、句またがりにすることによって、七・五・五のリズムになるわけだが、そうするとトータルでは17音であるにもかかわらず、どこか字足らずであるような錯覚を覚える。「ささやかれ」のあとには、長い空白が控えていて、それが短歌になることを妨げているのである。「定型の成熟」というのは、仁平勝の言だけれど、つまりこの句の「ささやかれ」は、文法的にいえば連用形であるにもかかわらず、「かな」や「けり」と同等の切れを句にもたらしている。その余韻(意味的には「ほどいた」ということ)が、冒頭の「髪ほどけよ」という呼びかけと合わさることで、心地よい風にふと気分が変わる女性の一瞬のこころがわりを、うまく詠み止めている。「香雨」2019年10月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  2. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  3. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】…
  4. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  5. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  6. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  7. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  8. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  2. 【新年の季語】松飾
  3. 【夏の季語】クーラー
  4. 【夏の季語】万緑
  5. 【秋の季語】台風(颱風)
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  7. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  9. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】

Pickup記事

  1. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  2. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  3. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  4. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  6. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】
  7. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  8. 【冬の季語】納豆
  9. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  10. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
PAGE TOP