ハイクノミカタ

髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

髪ほどけよと秋風にささやかれ

片山由美子 


俳句をはじめたての人なら、「秋風に髪ほどけよとささやかれ」のほうが、定型のリズムにあっているのではないか、と思うかもしれない。しかし、それはまちがい。そのように言葉を組み合わせると、句末の切れが弱く、短歌のように七七をつけたくなってしまう。掲句のように、句またがりにすることによって、七・五・五のリズムになるわけだが、そうするとトータルでは17音であるにもかかわらず、どこか字足らずであるような錯覚を覚える。「ささやかれ」のあとには、長い空白が控えていて、それが短歌になることを妨げているのである。「定型の成熟」というのは、仁平勝の言だけれど、つまりこの句の「ささやかれ」は、文法的にいえば連用形であるにもかかわらず、「かな」や「けり」と同等の切れを句にもたらしている。その余韻(意味的には「ほどいた」ということ)が、冒頭の「髪ほどけよ」という呼びかけと合わさることで、心地よい風にふと気分が変わる女性の一瞬のこころがわりを、うまく詠み止めている。「香雨」2019年10月号より。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  3. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  4. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  5. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  6. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  7. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  8. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP