連載・よみものけふの難読俳句

  1. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」

    信天翁(あほうどり)レベル ★★★★☆使用頻度 ★★☆☆☆<ジャンル> 生物、鳥<類語>沖の尉、沖の大夫、海鵝、大鳥、巨鳥【例句】耳つくのそれらでもなし信天翁…

  2. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」

    蹼(みずかき)レベル ★★★☆☆使用頻度 ★★★☆☆…

  3. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」

    眴(めくばせ)レベル ★★☆☆☆使用頻度 ★★★☆☆…

  4. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」

    半月(はにわり)レベル ★★★★☆使用頻度 ★☆☆☆☆…

  5. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」

    後妻(うわなり)・前妻(こなみ)レベル ★★★★☆使用頻度…

  6. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」

  7. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」

  8. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」

  9. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」

  10. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」

おすすめ記事

  1. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  2. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  3. 【夏の季語】海の日
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎

Pickup記事

  1. 【冬の季語】春待つ
  2. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  3. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
PAGE TOP