1. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】

    屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ大熊光汰屋根替に参加したことがある。きっかけは岩田奎が見つけてきたワークショップ。東京大学のとある研究室が建築や暮らしの研究のために千葉の館山に所有している小さな伝統建…

  2. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 

    人のかほ描かれてゐたる巣箱かな)(藤原暢子藤原暢子さんの第…

  3. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】

    紅梅の気色たゞよふ石の中)飯島晴子「石の中」は、複数の岩に…

  4. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】

    いつ渡そバレンタインのチョコレート田畑美穂女新入社員だった…

  5. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】

    時計屋の時計春の夜どれがほんと久保田万太郎あっさいあるある…

  6. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

  7. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

  8. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

  9. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】

  10. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】

  11. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】

  12. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】卒業
  2. 大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太【季語=大年(冬)】
  3. 【冬の季語】聖菓
  4. 【冬の季語】八手の花
  5. 【秋の季語】末枯

Pickup記事

  1. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  2. 【春の季語】彼岸
  3. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  4. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  5. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
PAGE TOP