1. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】

    くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり田中裕明夏越の祓は、陰暦六月三十日に行うものだが、陽暦で行なっている神社も散見される。形代や茅の輪を潜る際に唱える「宮川の清き流れにみそぎせば祈れることの叶わぬ…

  2. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】

    もち古りし夫婦の箸や冷奴)久保田万太郎 心にも言霊はあるよ…

  3. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】

    思ひ沈む父や端居のいつまでも石島雉子郎(いしじま・きじろう))…

  4. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】

    ががんぼの何が幸せ不幸せ今井肖子))幸せのハードルは低い方…

  5. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】

    骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌中村阪子(瀬底月城『沖縄・奄美 南島俳句歳時記』19…

  6. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】

  7. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】

  8. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】

  9. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】

  10. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

  11. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】

  12. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP