1. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

    スタールビー海溝を曳く琴騒の八木三日女(「Unicorn」創刊号 昭和43年)「Unicorn」を短く紹介すると、高柳重信や金子兜太、あるいは飯田龍太ら、高度成長期の俳壇をリードする戦後俳句の俳人達…

  2. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】

    田に人のゐるやすらぎに春の雲)宇佐美魚目(「天地存問」))…

  3. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

    水鳥の和音に還る手毬唄)吉村毬子(『手毬唄』))吉村毬子さ…

  4. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】

    蟲鳥のくるしき春を不爲高橋睦郎「不爲」には「なにもせず」の…

  5. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】

    自転車の片足大地春惜しむ松下道臣))自転車に乗れるようにな…

  6. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子

  7. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

  8. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】

  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞

  10. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

  11. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】

  12. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP