1. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】

    牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり大岡龍男(おおおか・たつお))いやはや、冬に入りました。そうそれは、驚くほどの早さで。晴れが続いているので、まだましですが、苦手の寒さが間もなくと思うと…。せ…

  2. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】

    夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ桑原三郎(「現代俳句文庫 桑原三郎句集」)…

  3. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】

    牡蠣フライ女の腹にて爆発する)大畑等(大畑等句集『ねじ式』2009年2月)…

  4. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】

    凍港や旧露の街はありとのみ)山口誓子音楽でスティングと聞い…

  5. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】

    個室のやうな明るさの冬来る廣瀬直人この作者の作としては、大…

  6. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】

  7. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太

  8. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】

  9. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】

  10. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】

  11. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】

  12. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP