1. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】

    鳥屋の窓四方に展けし花すゝき丹治蕪人(たんじ・ぶじん))なんだか急に朝晩の冷える日が続いて、こういう冷えてゆき方はあまり好きではないなと思う。もっと、人に好まれる冷え方というのがあったんじゃないかと…

  2. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】

    秋冷やチーズに皮膚のやうなもの)小野あらた十月も後半になる…

  3. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

    背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く村山砂田男(『夏炉冬扇』)…

  4. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】

    底紅や黙つてあがる母の家千葉皓史「母の家」だから、その家は…

  5. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】

    秋めくやあゝした雲の出かゝれば池内たけし(いけうち・たけし))…

  6. 古池や芭蕉飛こむ水の音 仙厓【季語=芭蕉(秋)】

  7. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】

  8. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】

  9. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

  10. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】

  11. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】

  12. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP