1. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】

    いちまいの水田になりて暮れのこり)長谷川素逝) 句集『歴日』より。 昭和19年伊勢松ヶ崎で療養中の時の俳句。長谷川素逝は京都帝大時代より「ホトトギス」の主要同人として数多くの巻頭を獲得し「プ…

  2. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】

    立読みの少年夏は斜めに過ぎ八田木枯))町から本屋が減って久…

  3. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】

    而して蕃茄の酸味口にあり嶋田青峰(『青峰集』大正14年)こ…

  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子) 昭和45年の作。晴子は…

  5. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】

    跳ぶ時の内股しろき蟇能村登四郎(『易水』) ヒキガエルにセ…

  6. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)

  7. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】

  8. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】

  9. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】

  10. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】

  11. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】

  12. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP