1. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】

    春の水とは濡れてゐるみづのこと長谷川櫂(『古志』) この句が時折、エロスの句として話題になるのは何故だろう。恐らく〈濡れてゐる〉という言葉がエロスの扉を開くキーワードになっているからではないだろうか…

  2. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】

    詠みし句のそれぞれ蝶と化(け)しにけり久保田万太郎))「い…

  3. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】

    春暁のカーテンひくと人たてり久保ゐの吉(くぼ・いのきち)夢…

  4. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】

    湖の水かたふけて田植かな高井几董(大須賀乙字編『故人春夏秋冬』)…

  5. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

    鶯や米原の町濡れやすく)加藤喜代子(「霜天」))米原は主要…

  6. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

  7. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】

  8. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

  9. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】

  10. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

  11. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】

  12. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP