1. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】

    鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行)飯島晴子 鹿が映るということの実体がなんなのかは明らかではないが、私には、水面に鹿が映るようにも、風の中に鹿が浮かび上がるようにも、また高速で坂をくだる自転車の車…

  2. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】

    貝殻の内側光る秋思かな山西雅子 先週講義に行ってきたことを…

  3. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】

    つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな杉田久女 私が住んでいる街の…

  4. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】

    湯の中にパスタのひらく花曇森賀まり掲句を一読して思い出した…

  5. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子

    鹿や鶏の切紙下げる思案かな)飯島晴子 思案ということは、現…

  6. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】

  7. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】

  8. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】

  9. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】

  10. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】

  11. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】

  12. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  2. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  3. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  4. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  5. 【夏の季語】蜘蛛の糸

Pickup記事

  1. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  2. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  5. 【新年の季語】読初
PAGE TOP