正岡子規

  1. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)正岡子規本を読んでいると、気になる言い回しというのにしばしば遭遇します。たとえば今日は「言わずと知れた」という言い回しを目にしたのですが、これってどのくらい人口に膾炙して…

  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#13-2】松山藩主松平定行公と東野、高浜虚…

  3. 「体育+俳句」【第4回】三島広志+ボクシング

    体育+俳句【第4回】キンシャサの奇跡三島広志(「藍生」会員)…

  4. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】

    父がまづ走つてみたり風車矢島渚男最近、風車(かざぐるま)を…

  5. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】

    海松かゝるつなみのあとの木立かな正岡子規(『新聞日本』明治29年6月29日…

  6. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津

  7. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】

  8. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP