正岡子規

  1. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】

    あたゝかな雨が降るなり枯葎正岡子規(高浜虚子選『子規句集』岩波文庫)正岡子規初期の代表句。句中に「暖か」(春)「枯葎」(冬)が同居する。「暖か」の説明は不要だろう。『広辞苑』によると、「枯葎」は「冬…

  2. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】

    おとつさんこんなに花がちつてるよ)正岡子規)季語は「花散る…

  3. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】

    蛤の吐いたやうなる港かな)正岡子規)季語は「蛤」なのか蜃気…

  4. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】

    春や昔十五万石の城下哉)正岡子規)季語は「春」。『寒山落木…

  5. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】

    菜の花やはつとあかるき町はつれ)正岡子規)季語は「菜の花」…

  6. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】

  7. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】

  8. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7

  10. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】

  11. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】

  12. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP