1. 【#46】大学の猫と留学生

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#46】大学の猫と留学生 青木亮人(愛媛大学教授) 一時期、大学構内でよく見かける猫がいた。いつ見てものんびりした風で、年中ごろごろしてい…

  2. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】

    猫と狆と狆が椎茸ふみあらす島津亮先日、カフェでにんじんマフ…

  3. 【#39】炎暑の猫たち

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#39】炎暑の猫たち…

  4. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 

    菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ)金原まさ子娘が生まれて…

  5. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】

    恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし河東碧梧桐(『明治・大正・昭和 自由律俳…

  6. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」

  7. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】

  8. 【#23】懐かしいノラ猫たち

  9. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】

  10. 【#21】中国大連の猫

  11. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】

  12. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】

おすすめ記事

  1. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  2. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  3. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  4. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春分
  2. 【秋の季語】秋暑し
  3. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  4. 【冬の季語】南天の実
  5. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
PAGE TOP