1. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】

    ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず)有馬朗人) 神保町には縁がある。現在も、駅からほど近い天為の編集室に通っているのだが、平日夜の有馬先生の句会が淡路町で開かれる折には、編集室を終えてから、太田姫稲荷あ…

  2. 【#23】懐かしいノラ猫たち

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#23】懐かしいノラ猫たち…

  3. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】

    早春や松のぼりゆくよその猫藤田春梢女(ふじた・しゅんしょうじょ)…

  4. 【#21】中国大連の猫

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#21】中国大連の猫…

  5. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】

    共にゐてさみしき獣初しぐれ)中町とおと(中町とおと句集「さみしき獣」(20…

  6. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】

  7. 【#19】子猫たちのいる場所

  8. 【#14】「流れ」について

  9. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】

  10. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】

  11. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】

  12. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP