1. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

    さういへばもう秋か風吹きにけり今井杏太郎甲子園の決勝を見て、ちょっと飲みに行き、もう明日になろうとしたとき、稲妻がひかり、轟音が鳴りひびいた。面白いくらい、雨が降るなかを、ちょっと楽しみなが…

  2. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】

    起座し得て爽涼の風背を渡る肥田埜勝美毎年のことですが、立秋…

  3. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】

    ふところに四万六千日の風深見けん二 初めて四万六千日詣をし…

  4. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】

    未来より滝を吹き割る風来たる夏石番矢(『Métropolitique』)…

  5. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】

    クローバーや後髪割る風となり不破 博3月14日から夏時間(…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP