連載・よみもの神保町に銀漢亭があったころ

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼

    超個人的雑感 北大路翼(「街」同人、「屍派」家元)近くて遠い場所、一言でいふなら僕にとつての銀漢亭はこんな感じだ。思ひ出ぐらゐなら軽く書けるだらうと安請け合いしたが、よく考へたら数回しか行つたことはないんだ…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士

    玲奈パパ 矢野春行士(「玉藻」同人)行きつけの神保町シアターの近くに銀漢亭…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃

    銀漢亭の一皿、俳人の味。 広渡詩乃(「栞」同人)銀漢亭に初めて伺ったのは、…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司

    つながりと後悔と潮田幸司(「銀化」編集長)失われて初めて有難さがわかるとい…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ

    窓と万華鏡笹木くろえ(「鏡」同人)東京に木枯らし一号が吹いた日、私はついに…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯

  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子

  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥

  11. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男

  12. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香

おすすめ記事

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  2. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  3. 【春の季語】春菊
  4. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  5. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  2. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  3. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  4. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  5. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
PAGE TOP