「ホトトギス」

  1. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】

    いつ渡そバレンタインのチョコレート田畑美穂女新入社員だった30年前、バレンタインの日にたくさんのチョコレートをもらった。添え書きに、「女性社員一同、いつもお世話になり、ありがとうございます」とポスト…

  2. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

    針供養といふことをしてそと遊ぶ後藤夜半 外出するときにその…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏

    方相氏戟をかまへて突つ立つたり松尾いはほ昭和五年『ホトトギス雑詠選集冬』…

  5. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】

    屋根の上に明るき空やパリの春コンラツド・メイリ(スイス)(昭和29年)…

  6. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

  8. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】

  9. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】

  10. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

  12. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】

おすすめ記事

  1. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  3. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  5. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼

Pickup記事

  1. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  3. 【都道府県別の俳句】
  4. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
PAGE TOP