「ホトトギス」

  1. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】

    少し派手いやこのくらゐ初浴衣草間時彦 先週末、夏の訪れを告げる長壁神社の例祭「姫路ゆかた祭り」へ行ってきた。4年ぶりの開催ということで交通規制が敷かれ、姫路内や近隣からたくさんの人が集まり、大変な賑…

  2. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】

    鶏鳴の多さよ夏の旅一歩)中村草田男 掲句は第四句集『来し方…

  3. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】

    赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな稲畑汀子先週の土曜日、鎌倉虚子…

  4. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】

    夏至白夜濤たちしらむ漁港かな飯田蛇笏(『飯田蛇笏全句集』角川ソフィア文庫)…

  5. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】

    虹の後さづけられたる旅へ発つ)中村草田男草田男は『火の島』…

  6. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】

  7. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】

  9. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】

  10. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】

  11. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】

  12. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】

おすすめ記事

  1. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  2. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  3. 【冬の季語】マスク
  4. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  5. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】

Pickup記事

  1. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  3. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  4. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
PAGE TOP