「街」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。今月は、32結社にご参加いただきました。ご協…

  2. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】

    丹田に力を入れて浮いて来い)飯島晴子)平成十二年の作。晴子…

  3. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】

    十薬の蕊高くわが荒野なり)飯島晴子)平成三年の作。晴子は七…

  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子) 昭和45年の作。晴子は…

  5. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】

    襖しめて空蟬を吹きくらすかな)飯島晴子) 昭和四九年の作。…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】

  7. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】

  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】

  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  2. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  4. 【冬の季語】水鳥
  5. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子

Pickup記事

  1. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  2. 【春の季語】ヒヤシンス
  3. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  4. コスモスや泣きたくなつたので笑ふ 吉田林檎【季語=コスモス(秋)】
  5. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
PAGE TOP