伊藤伊那男

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明

    注文の多い立ち飲み屋店宮澤正明(写真家)普段、僕は「おとうさん」と呼んでいる伊那男さんこと義父伊藤正徳は、実に不思議な人である。おとうさんの笑顔は、まわりの人を幸せにする。堅実で真面目な性分とは裏腹…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司

    つながりと後悔と潮田幸司(「銀化」編集長)失われて初めて有難さがわかるとい…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ

    窓と万華鏡笹木くろえ(「鏡」同人)東京に木枯らし一号が吹いた日、私はついに…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯

    ひとり酒有澤志峯(「銀漢」同人)平成に移り、バブル崩壊後のいわゆる「失われ…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子

    放課後の楽しみ土肥あき子(「絵空」同人)学生時代には学校がなければどれほど…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥

  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男

  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子

  11. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結

  12. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二

おすすめ記事

  1. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】
  2. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  3. 【冬の季語】小春
  4. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  5. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  2. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  3. 【秋の季語】秋彼岸
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  5. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
PAGE TOP