伊藤伊那男

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子

    わたしの中の「銀漢亭」三輪初子(「炎環」同人、「わわわ」句会代表)コロナ禍の自粛のためか、「銀漢亭」が5月末に閉店すると知ったのは、なんと、店舗解体工事5日前の13日だった。せめてまだ姿ある看板や扉に、お別れをと急…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年

    DNAの共鳴山田真砂年(「稲」主宰)銀漢亭が私にとって居心地の良かったのは…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子

    けれど、水は流れる松野苑子(「街」同人会長)銀漢亭に初めて行ったのは、オー…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行

    川柳もあった銀漢亭片山一行(「銀漢」「麦」同人)銀漢亭に初めて行ったのが、…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子

    鷹夫の指のトゲ鈴木節子(「門」名誉主宰)パリからの封書に驚いて開封する。…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊

  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一

  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希

  11. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん

  12. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】咳
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  3. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  4. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  5. 【春の季語】沙翁忌

Pickup記事

  1. 【夏の季語】花火
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  3. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  4. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  5. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
PAGE TOP