伊藤伊那男

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代

    銀漢亭それは…近江文代(「野火」「猫街」同人)銀漢亭は沼である。入店した時は確か18時頃だったはずなのに、ずぶずぶと嵌り、気が付けば23時過ぎ。店内にはムード歌謡が流れている。店主の伊那男先生がかけるムード歌謡のC…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎

    銀漢亭の想い出木暮陶句郎(「ひろそ火」主宰・「ホトトギス」同人)私が伊藤伊…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり

    鮮やかな幕引き芥ゆかり(「天為」同人)伊那男先生の銀漢亭閉店の決断は本当に…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英

    銀漢亭のおみそ本井英(「夏潮」主宰)私は子供の頃から鎌倉・逗子に住んでいる…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子

    角を曲がれば遠藤由樹子かなり以前ということは確かだが、それがいつであったか…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男

  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳

  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子

  11. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太

  12. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹

おすすめ記事

  1. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  2. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  4. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  5. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  4. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  5. 【春の季語】二月尽
PAGE TOP