1. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】

    ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を日野草城元日、メールやLINEで新年のご挨拶をしようと思いつつ初詣に出かけて送信できずにいたら夕方にはスマホから緊急地震警報が。おめでとうございますとは言いにくくなってし…

  2. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

    白鳥の花の身又の日はありや成田千空 千空の萬緑賞受賞後、中…

  3. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】

    若き日の映画も見たりして二日大牧広先日、初めて黒澤明監督の…

  4. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】

    遠き屋根に日のあたる春惜しみけり)久保田万太郎『流寓抄』晩…

  5. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】

    大阪の屋根に入る日や金魚玉大橋櫻坡子(おおはし・おおはし))…

  6. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】

  7. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

  8. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

  9. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】

  10. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】

  11. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】

  12. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】

おすすめ記事

  1. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  2. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
  3. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  5. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  2. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  3. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  4. 【冬の季語】冬薔薇
  5. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
PAGE TOP