1. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

    梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ篠田悌二郎(『連作俳句集』昭和9年)新興俳句運動の一つの特徴が連作の流行で、「馬酔木」諸俳人の連作の成果を一冊にまとめたのがこの『連作俳句集』。昭和3年から9年までの…

  2. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビ…

  3. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】

    夕空や日のあたりたる凧一つ高野素十))やれやれ、とほっとし…

  4. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】

    肩へはねて襟巻の端日に長し原石鼎先日始まったテレビドラマ「…

  5. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】

    クリスマス近づく部屋や日の溢れ深見けん二(ふかみ・けんじ)まさとし))…

  6. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】

  7. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】

  8. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】

  9. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】

  10. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】

  11. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】

  12. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP