松本たかし

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】

    【第10回(最終回)】「さび」しくなって心を見つめる武将の処世と茶の湯墨染めの夕べや名残り袖の露  細川幽斎 織田信長の追善供養の為に、細川幽斎は本能寺の焼け跡に仮屋を作り、百韻連歌の興…

  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】

    【第9回】茶の旬「新」茶という言霊白き花活けて新茶の客を…

  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】

    【第4回】茶掛け―どうして芸術に宗教が割り込んでくるのか?「芸術」…

  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】

    【第3回】「水無月」というお菓子―暦、行事、季語「滑稽」は本当に「…

  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼

    【番外−3】広島と西東三鬼広渡敬雄(「沖」「塔の会」)広島…

  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし

  7. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】

  8. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】

  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし

  10. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】

  11. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】

  12. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】

おすすめ記事

  1. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  2. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  3. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  4. 【冬の季語】待春
  5. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】

Pickup記事

  1. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  2. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  3. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】
  5. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
PAGE TOP