1. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】

    花散るや金輪際のそこひまで池田瑠那映画やテレビの世界では間断なくタイムトラベルが行われている。もはや突飛な発想とは言い難い「あるある」な設定だ。そうした作品に出会うたび、過去に戻って自分に忠…

  2. 【春の季語】花

    【春の季語=晩春(4月)】花平安時代からの慣習で俳句でも基本的には…

  3. 【春の季語】桜

    【春の季語=晩春(4月)】桜春の深まりを感じさせる落葉高木で、日本…

  4. 【春の季語】初花

    【春の季語=仲春(3月)】初花その年に初めて咲いた「桜」の花のこと…

  5. 【春の季語】初桜

    【春の季語=仲春(3月)】初桜その年に初めて咲いた「桜」の花のこと…

  6. 【春の季語】桜蘂降る

  7. 【春の季語】夜桜

  8. 【春の季語】夕桜

  9. 【春の季語】朝桜

  10. 【冬の季語】風花

  11. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

  12. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月19日配信分】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  3. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  4. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
  5. 【春の季語】春野

Pickup記事

  1. 【春の季語】木の根明く
  2. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  4. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  5. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
PAGE TOP