ハイクノミカタ

昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

昼顔のあれは途方に暮るる色 

飯島晴子


同じ句集(『儚々』)には、〈昼顔は誰も来ないでほしくて咲く〉があり、並べてみると、ひとつづきのドラマのようにも感じられる。炎天下で地や柵を這うように咲く昼顔は、たしかに「誰も来ないでほしい」感じもするのだが、その裏面では、どこか「途方に暮れている」ような感じもする。どちらの句も、人を遠ざけているインドア派の飯島晴子らしい句で、(古来から文芸に詠まれてきた)朝顔や夕顔にはない、昼顔の魅力を十分に描き出している。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  2. 彼が下げ夕張メロン上京す 太田うさぎ【季語=メロン(夏)】
  3. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  4. 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】
  5. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  6. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  7. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬…
  8. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】

おすすめ記事

  1. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  2. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  3. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  4. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  5. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  6. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  7. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  9. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  10. 【春の季語】彼岸

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  2. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】
  3. 【冬の季語】南天の実
  4. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  5. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  6. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  8. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  9. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  10. 【冬の季語】凍る
PAGE TOP