ハイクノミカタ

昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

昼顔のあれは途方に暮るる色 

飯島晴子


同じ句集(『儚々』)には、〈昼顔は誰も来ないでほしくて咲く〉があり、並べてみると、ひとつづきのドラマのようにも感じられる。炎天下で地や柵を這うように咲く昼顔は、たしかに「誰も来ないでほしい」感じもするのだが、その裏面では、どこか「途方に暮れている」ような感じもする。どちらの句も、人を遠ざけているインドア派の飯島晴子らしい句で、(古来から文芸に詠まれてきた)朝顔や夕顔にはない、昼顔の魅力を十分に描き出している。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  2. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  3. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  4. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  5. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  6. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  7. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  8. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP