「炎環」

  1. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 

    人のかほ描かれてゐたる巣箱かな)(藤原暢子藤原暢子さんの第二句集『息の』(文學の森)より。巣箱というのはよく考えると不思議なものだ。人の手によって作られた巣箱が樹木にとりつけられ、野性の鳥の…

  2. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

    虎の上に虎乗る春や筥いじり)(永田耕衣永田耕衣の俳句を読ん…

  3. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 

    雪折を振り返ることしかできず)(瀬間陽子昨日は東京にも雪が…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】

    2024年もやります! 毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】

  7. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】

  8. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】

  9. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】

  10. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】

  11. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

  12. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  2. 【春の季語】雛あられ
  3. 【冬の季語】寒の内
  4. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  5. ゴルファーを一擲したる雷雨かな 鈴木油山【季語=雷雨(夏)】

Pickup記事

  1. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  2. 【夏の季語】バナナ
  3. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】
  4. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  5. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
PAGE TOP