「炎環」

  1. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 

    うらみつらみつらつら椿柵の向う)山岸由佳ハイクノミカタの記事を堀切さんから依頼されて、句歴の浅い私は何を書こうか思案に暮れた。30歳をいくらか過ぎてから俳句を始めた私は、豆の木という超結社句…

  2. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

    血を分けし者の寝息と梟と)遠藤由樹子残念ながら、いまだ野生…

  3. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

  4. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 

    潜り際毬と見えたり鳰)中田剛鳰は、ほぼ全国で見ることができ…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】

    セクト・ポクリットでは2021年1月より、「コンゲツノハイク」をはじめました。前月…

  6. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 

  7. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

  9. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】

  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】

  12. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP