「船団」

  1. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】

    琴墜ちてくる秋天をくらりくらり)金原まさ子 金原まさ子が102歳で上梓した第四句集『カルナヴァル』はその高齢ということを除いても、過激ともいえる力強さ、淫らな純真さともいえるべき内容で大いに話題にな…

  2. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

    サフランもつて迅い太子についてゆく)飯島晴子 難解をもって…

  3. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ

    ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ)なかはられいこ…

  4. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

    帰るかな現金を白桃にして)原 ゆき キャッシュレス社会なん…

  5. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

    椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ池田澄子(『ゆく船』) 椿…

  6. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

  7. 生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】

  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP