「船団」

  1. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】

    忘年会みんなで逃がす青い鳥塩見恵介今日からしばらく火曜日を担当する土井探花です。最近はもっぱら口語俳句を詠んでいます。この連載で少しでも口語俳句に興味を持たれる方が増えたら本望です。 忘年…

  2. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】

    いちじくはジャムにあなたは元カレに塩見恵介 ドラマ『こっち…

  3. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】

    南浦和のダリヤを仮のあはれとす摂津幸彦南浦和と聞いて、「あ…

  4. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき

    コンビニの枇杷って輪郭だけ原ゆき先日の猛暑日にうっかり水分…

  5. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信

    「月光」旅館       開けても開けてもドアがある)高柳重信…

  6. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

  7. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】

  8. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】

  9. 動かない方も温められている 芳賀博子

  10. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】

  11. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】

  12. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】

おすすめ記事

  1. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  3. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鴨鍋
  5. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く

Pickup記事

  1. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  2. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  3. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
  4. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  5. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
PAGE TOP