「蒼海」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナー。全句から、未来の名句となるかもしれない「推しの一句」を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は、今月…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】

    前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】

    2024年もやります! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】

  7. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】

  8. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】

  9. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】

  10. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀

  11. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】

  12. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】

おすすめ記事

  1. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  2. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  3. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  4. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】
  5. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  2. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  3. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  4. 【春の季語】春灯
  5. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
PAGE TOP