して

  1. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】

    針供養といふことをしてそと遊ぶ後藤夜半 外出するときにその理由を言い出しづらい時がある。若かりしころは、彼女と出かける、今であれば、パチンコに行く、馬券を買いに行く、いっぱい飲みに行く、そんなときに…

  2. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】

    くしゃみしてポラリス逃す銀河売り市川桜子口語俳句の仲間の句…

  3. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】

    真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う福田若之明日1…

  4. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】

    クリスマス「君と結婚していたら」堀井春一郎(『堀井春一郎全句集 曳白』)…

  5. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】

    日記買ふよく働いて肥満して西川火尖日本に住んでいて良かった…

  6. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】

  7. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】

  8. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】

  9. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】

  10. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】

  11. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】

  12. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】

おすすめ記事

  1. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  2. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】
  4. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  5. 【冬の季語】小春日

Pickup記事

  1. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  4. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  5. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
PAGE TOP