ハイクノミカタ

小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小満の風や格言カレンダー

菅原雅人 


コロナ禍で(野球の)甲子園は中止、代わりに春のセンバツに出場予定だった32校による「甲子園交流試合・2020センバツ」が行われたが、これにあわせて、現代俳句協会青年部の主導により、オンラインで「センバツ!全国高校生即吟俳句選手権」が先ほど開催された。掲句は準決勝の一句(お題は「言」という漢字の詠み込み)である。シンプルな構成だが、「小満」という繊細な季語のチョイスと、「格言カレンダー」というちょっと俗っぽい素材の組み合わせのなかに、俳句的なリアリティが立ち上がってくる。「小満」は立夏から15日目。梅雨に入るより前の清々しい初夏の風が、風通しのいい夏座敷に飾られた「格言カレンダー」を、ひらひらと揺らしているイメージが浮かぶ。「格言」というと石に刻まれるように強固でありそうだが、実際にはそれが、そよ風に吹かれているのが面白い。温故知新かつ自由気ままに、という心持ちが透けて見えてくる一句。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  2. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  3. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)…
  4. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  5. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  6. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  7. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明
  8. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP