ハイクノミカタ

小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】


小満の風や格言カレンダー

菅原雅人 


コロナ禍で(野球の)甲子園は中止、代わりに春のセンバツに出場予定だった32校による「甲子園交流試合・2020センバツ」が行われたが、これにあわせて、現代俳句協会青年部の主導により、オンラインで「センバツ!全国高校生即吟俳句選手権」が先ほど開催された。掲句は準決勝の一句(お題は「言」という漢字の詠み込み)である。シンプルな構成だが、「小満」という繊細な季語のチョイスと、「格言カレンダー」というちょっと俗っぽい素材の組み合わせのなかに、俳句的なリアリティが立ち上がってくる。「小満」は立夏から15日目。梅雨に入るより前の清々しい初夏の風が、風通しのいい夏座敷に飾られた「格言カレンダー」を、ひらひらと揺らしているイメージが浮かぶ。「格言」というと石に刻まれるように強固でありそうだが、実際にはそれが、そよ風に吹かれているのが面白い。温故知新かつ自由気ままに、という心持ちが透けて見えてくる一句。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  2. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  3. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  4. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  5. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  6. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬…
  7. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  8. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】

おすすめ記事

  1. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  2. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  3. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  4. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  5. 【新年の季語】初旅
  6. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  7. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  8. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  9. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  10. 【新年の季語】三が日

Pickup記事

  1. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  3. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  4. 【冬の季語】梅早し
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  6. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  7. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  8. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  9. 【春の季語】鳥の恋
  10. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
PAGE TOP