連載・よみもの

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん

    伝説の句会しなだしん(「青山」主宰)❝ 神保町の白山通りから路地を入った裏通り。何軒かの飲食店や古本店、中古レコードショップなどが集まった昔ながらの雰囲気が何となく残る界隈に、スタンドバー「銀漢亭」はある。店頭のウ…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ

    土下座の件について大和田アルミ(「唐変木」編集人)「やってるかな」「だめだ…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙

    始まりは同窓会大野田井蛙(「銀漢」同人)神保町の角を曲がると「銀漢亭」の灯…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周

    星降るお店望月周(「百鳥」編集長)間口の広くない銀漢亭には奥行きがありまし…

  5. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)

    〈歴史のなかのわたし〉あるいは〈わたしのなかの歴史〉を撮るということ松本実穂 第1…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅

  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆

  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子

  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人

  11. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男

  12. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  2. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  4. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  5. 【新年の季語】繭玉

Pickup記事

  1. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  2. 【秋の季語】林檎
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  4. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  5. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
PAGE TOP