「未来図」

  1. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】

    つぶやきの身に還りくる夜寒かな)須賀一惠 年に一度群馬県立女子大学でキャリア講座の講師として教壇に立っている。その講師はキラキラの成功者というよりは身近な存在感の現役世代。成功よりも失敗を語り、その…

  2. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】

    扇子低く使ひぬ夫に女秘書藤田直子(『極楽鳥花』) 立夏を過…

  3. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】

    新宿発は逃避行めき冬薔薇新海あぐり(『悲しみの庭』) 〈逃…

  4. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】

    ビーフストロガノフと言へた爽やかに守屋明俊マリトッツォ。ご…

  5. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】

    ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子昭和46年、鍵和田…

  6. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】

  7. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】

  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん

  10. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】

  11. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞

  12. どんぶりに顔を埋めて暮早し 飯田冬眞【季語=暮早し(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP