「萬緑」

  1. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

    十二月うしろの正面山の神成田千空 草田男に愛妻俳句がごまんとあるように、千空も多くの愛妻俳句を詠んでいる。千空にとってその深い恩愛の対象として、市子夫人という存在は至極大きく、それは、「炎天の空へ吾…

  2. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

    寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は成田千空 第四句集『白光』によ…

  3. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】

    雀来て紅梅はまだこどもの木成田千空 平成10年(1998・…

  4. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】

    白鳥の花の身又の日はありや成田千空 千空の萬緑賞受賞後、中…

  5. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

    主よ人は木の髄を切る寒い朝成田千空『萬緑』創刊から7年後の…

  6. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】

  7. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】

  8. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】

  9. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】

  10. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】

  11. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】

  12. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

おすすめ記事

  1. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  2. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  4. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  5. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  2. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  3. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  4. 【春の季語】花粉症
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
PAGE TOP