「鶴」

  1. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】

    花いばら髪ふれあひてめざめあふ小池文子(『木靴』)幼い頃は、姉と一緒に眠ることが多かった。三歳年上の姉は、色素の薄い細い髪をしており、頬に触れるとさらりとして気持ちが良かった。姉は姉で、漆黒で光沢の…

  2. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】

    杉の花はるばる飛べり杉のため山田みづえこの時期に「杉」と聞…

  3. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】

    百方に借あるごとし秋の暮石塚友二まだ盛夏だった8月初旬から…

  4. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】

    昼の虫手紙はみんな恋に似て細川加賀(『細川加賀全句集』) …

  5. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】

    秋鯖や上司罵るために酔ふ草間時彦 一日の終りにいかに美味し…

  6. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】

  7. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】

  8. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

  9. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】

  10. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】

  11. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】

  12. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夜の秋
  2. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  3. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  4. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  5. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】

Pickup記事

  1. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  2. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  4. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  5. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
PAGE TOP