1. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

    ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき安井浩司小屋はバラックのようなものだろうか。それを壊したら芒ばかりとなってしまった。「ひるすぎ」という明るくどっちつかずで間延びしたような時間帯が「すすき」の茫漠とし…

  2. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

    秋思かがやくストローを嚙みながら)小川楓子小説を読むように…

  3. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

    一燈を消し名月に対しけり)林翔 月は可能な限り毎日見ている…

  4. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

    帰るかな現金を白桃にして)原 ゆき キャッシュレス社会なん…

  5. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】

    季(とき)すぎし西瓜を音もなく食へり能村登四郎夏と言えば西…

  6. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】

  7. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

  8. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】

  9. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

  10. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

  11. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】

  12. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  2. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  3. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  4. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】

Pickup記事

  1. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  2. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  3. 【冬の季語】冬木立
  4. 【新年の季語】雑煮
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
PAGE TOP