1. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

    いちじくを食べた子供の匂ひとか)鴇田智哉ああ、わかる。と感じて忘れられない句がある。全部はわからないけれど、この先にもっと何かある、と感じて忘れられない句がある。この作者の作品はいつ…

  2. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】

    琴墜ちてくる秋天をくらりくらり)金原まさ子 金原まさ子が1…

  3. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

    ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき安井浩司小屋はバラックのよ…

  4. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

    秋思かがやくストローを嚙みながら)小川楓子小説を読むように…

  5. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

    一燈を消し名月に対しけり)林翔 月は可能な限り毎日見ている…

  6. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

  7. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】

  8. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】

  9. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

  10. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】

  11. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】

  12. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP