1. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

    灯を消せば部屋無辺なり夜の雪小川軽舟(「俳句四季」2019年1月号)昨秋刊行された小川軽舟の第六句集のタイトルが『無辺』と知ったとき、頭に浮かんだのが今回取り上げた句。雑誌に同時に発表した「雪になり…

  2. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 

    湖をこつんとのこし山眠る)松王かをり(「北海道俳句年鑑2022」より)…

  3. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】

    霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び加藤楸邨霜を踏んで来…

  4. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

    冬ざれや父の時計を巻き戻し)井越芳子 今期(2023年冬)…

  5. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

    蝦夷(えぞ)に生まれ金木犀の香を知らず)青山酔鳴(すいめい)(『雪華』20…

  6. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】

  7. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】

  8. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】

  9. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】

  10. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏

  11. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】

  12. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP