1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】

    さわやかにおのが濁りをぬけし鯉皆吉爽雨 週末に体調を崩した。リハビリ代わりに散歩したいところだがまだ暑くて体力的にも無理がかかりそう。そこで懸案の部屋掃除に着手した。不要な書類がどっさりでてきた。い…

  2. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】

    秋めくや焼鳥を食ふひとの恋石田波郷 先週は家族の引っ越しが…

  3. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】

    夏が淋しいジャングルジムを揺らす五十嵐秀彦もう8月が終わる…

  4. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】

    露草を持つて銀行に入つてゆく)飯島晴子 たまたま道端で摘ん…

  5. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】

    起座し得て爽涼の風背を渡る肥田埜勝美毎年のことですが、立秋…

  6. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

  7. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】

  8. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】

  9. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】

  10. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】

  11. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】

  12. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  2. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  4. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  5. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】卒業す
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  3. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】
  4. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  5. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
PAGE TOP