1. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

    凍る夜の大姿見は灯を映す一力五郎私に影響を与えた「駒草」の先人たちというテーマで書く二回目は、一力五郎(明治35年~昭和22年)。俳人としてよりもジャーナリストとして名を遺した人かもしれない。しかし…

  2. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】

    狐火にせめてををしき文字書かん)飯島晴子 私が想像するのは…

  3. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】

    酔うて泣きデザートを食ひ年忘岸本尚毅 忘年会の季節がやって…

  4. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】

    主よ人は木の髄を切る寒い朝成田千空『萬緑』創刊から7年後の…

  5. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】

    美しき時雨の虹に人を待つ森田愛子(『虹』) 作者は、若くし…

  6. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】

  7. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】

  8. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】

  9. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】

  10. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】

  11. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】

  12. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】

おすすめ記事

  1. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  2. 【冬の季語】毛糸
  3. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  5. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の雨
  2. 【冬の季語】日向ぼこ
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  4. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
PAGE TOP