1. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子

    回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア)豊口陽子(『藪姫』))その特異な作風と気高い文学思想に私淑する者が少なくなかったにもかかわらず、安井浩司は終生自身の俳誌を持つことはなかった。その安井に生前(唯一の)…

  2. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】

    目つぶりて春を耳嚙む処女同志高篤三(川名大『現代俳句 上』)…

  3. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】

    名ばかりの垣雲雀野を隔てたり橋閒石(『橋閒石全句集』)第一…

  4. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】

    東風吹かば吾をきちんと口説きみよ如月真菜(『菊子』) 「東…

  5. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

    詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし三橋鷹女以前、何かの講演で、…

  6. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】

  7. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

  8. 片手明るし手袋をまた失くし 相子智恵【季語=手袋(冬)】

  9. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】

  10. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】

  11. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】

  12. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP