1. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】

    泉に手浸し言葉の湧くを待つ大串章心が乱れた時、それを紙に書いて文章にすることは有効な解決策である。まず、事象を整理できる。客観的に見てみると大抵はたいしたことでない。一度書いて納得しなければ…

  2. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】

    ロボットの手を拭いてやる秋灯下杉山久子私はマキ…

  3. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀

    妹の手をとり水の香の方へ)小山玄紀「ねじまわし」第6号(2023)…

  4. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】

    幼子の手の腥き春の空)飯島晴子晴子のエッセイに「わが赤ん坊…

  5. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】

    行く雁を見てゐる肩に手を置かれ市村不先 今日は、2023年…

  6. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】

  7. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

  8. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】

  9. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

  10. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】

  11. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】

  12. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】松落葉
  2. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  4. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  5. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)

Pickup記事

  1. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  2. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  3. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  4. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  5. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
PAGE TOP