1. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】

    節分や海の町には海の鬼矢島渚男今日は節分。年に一度、夕飯メニューを考えなくて良いのも嬉しい恵方巻はもともと関西圏の行事である。関西出身の友人が残業を切り上げてなんとしても節分の24:00まで…

  2. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 

    桜貝長き翼の海の星)波多野爽波『湯呑』海の上に浮かぶ星の、…

  3. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】

    恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海坪内稔典『朝の岸』 菜の…

  4. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

    本の山くづれて遠き海に鮫小澤實(『砧』) 創作にかかわる人…

  5. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】

    鱶のあらい皿を洗えば皿は海)谷さやん『谷さやん句集』2022年12月…

  6. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

  7. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

  8. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】

  9. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一

  10. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】

  11. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】

  12. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】

おすすめ記事

  1. ミャンマーを思う
  2. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  3. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  4. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  5. 春の日やあの世この世と馬車を駆り 中村苑子【季語=春の日(春)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
  2. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  3. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  4. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  5. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
PAGE TOP