節分

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏

    方相氏戟をかまへて突つ立つたり松尾いはほ昭和五年『ホトトギス雑詠選集冬』『ホトトギス雑詠選集』「追儺」の項目より。松尾巌は京都帝国大学医学部で内科教授を務めた。大谷句仏に俳句を学び、のち五十嵐播水、…

  2. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】

    節分や海の町には海の鬼矢島渚男今日は節分。年に一度、夕飯メ…

  3. 【冬の季語】節分

    【冬の季語=晩冬(2月)】節分「立春」(毎年2月4日ごろ)の前日の…

  4. 【冬の季語】追儺

    【冬の季語=晩冬(2月)】追儺「立春」前日、すなわち「節分」に邪気…

  5. 【春の季語】黄水仙

    【春の季語=初春(2月)】黄水仙ヒガンバナ科の多年草。南ヨ…

  6. 【冬の季語】小寒

  7. 【冬の季語】寒の内

  8. 【冬の季語】寒

  9. 【春の季語】余寒

  10. 【冬の季語】鬼やらい

  11. 【冬の季語】節分会

  12. 【冬の季語】鬼やらう

おすすめ記事

  1. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  2. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  3. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  2. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
PAGE TOP