ハイクノミカタ

天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】


天高し男をおいてゆく女 

山口昭男


「天高し」という季語は、もともと「秋高くして塞馬肥ゆ」という杜審言の詩「蘇味道に贈る」のワンフレーズに由来する。

つまり、「馬肥ゆ」という景が省略されているわけだが、そこに馬がいるかどうかは別にして、やはり草原や花野のような「だだっぴろさ」を思う。

その広い空間で、女が男のもとを離れてゆく。もちろん、別れのような(貫一とお宮のような)劇的な場面とは限らない。

ただ、すたすたと離れて歩いていっただけ、という可能性もおおいにある。俳句としては、むしろ後者の「ごくありふれた景」のなかに、「天高し」という季語を配することで、何でもない動作が象徴性を帯びてくる。

なぜなら、人間は「天」から離れた低い「地」にいるからで、作者(男性)からすると、「女」は遠く理解の及ばない「天」にいるようにも感じられるからだ。

つまり、水平性(というか遠近感覚)が垂直性のアナロジーとして、語られている。

ちなみに、西村和子がこの句を評して「これからの女はこうあらねば(笑)」と言っているのだが(『2020年度版 俳句年鑑』230頁)、それはあくまで「天」からの発言であり、「地」にいる男からすると、ただただ女という存在を遠く、遠く見上げるばかりである。

角川「俳句」2019年10月号より。

(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  2. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  3. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  4. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  5. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  6. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  7. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  8. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】

おすすめ記事

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  2. 【新年の季語】初詣
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  4. 【冬の季語】冬蝶
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  6. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  7. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  8. 【新年の季語】福寿草
  9. 【春の季語】流氷
  10. 【新年の季語】俎始

Pickup記事

  1. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  2. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  3. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  4. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  5. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  6. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  7. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  8. 【春の季語】花粉症
  9. 【冬の季語】大年
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
PAGE TOP