ハイクノミカタ

星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

星空のととのふまでをバーベキュー 

小山玄黙


俳句をはじめたころ(10年ほど前)、「季語になっていてもいいのに」と思っていた言葉のひとつに「バーベキュー」があったのだけど、最近ふと、角川「合本俳句歳時記」第5版(2019年)を眺めていたら、いつのまにか「キャンプ」の傍題に入っていたのだった。掲句だが、まだ暗くならないうちからはじめるバーベキュー。夜になったら星空がきれいに見える、高原のようなところだろう。家族旅行かもしれないし、サークルの合宿などかもしれない。夜空が立ち上がるのを「ととのふまで」と、ひとつの舞台装置のように表現したことで、そこからはじまる静かな時間を余韻として漂わせている。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  2. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  3. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  4. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】…
  5. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】…
  6. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】…
  7. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】…
  8. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP