ハイクノミカタ

星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

星空のととのふまでをバーベキュー 

小山玄黙


俳句をはじめたころ(10年ほど前)、「季語になっていてもいいのに」と思っていた言葉のひとつに「バーベキュー」があったのだけど、最近ふと、角川「合本俳句歳時記」第5版(2019年)を眺めていたら、いつのまにか「キャンプ」の傍題に入っていたのだった。掲句だが、まだ暗くならないうちからはじめるバーベキュー。夜になったら星空がきれいに見える、高原のようなところだろう。家族旅行かもしれないし、サークルの合宿などかもしれない。夜空が立ち上がるのを「ととのふまで」と、ひとつの舞台装置のように表現したことで、そこからはじまる静かな時間を余韻として漂わせている。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  2. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  3. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  4. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  5. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  6. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  7. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  8. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP