ハイクノミカタ

星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

星空のととのふまでをバーベキュー 

小山玄黙


俳句をはじめたころ(10年ほど前)、「季語になっていてもいいのに」と思っていた言葉のひとつに「バーベキュー」があったのだけど、最近ふと、角川「合本俳句歳時記」第5版(2019年)を眺めていたら、いつのまにか「キャンプ」の傍題に入っていたのだった。掲句だが、まだ暗くならないうちからはじめるバーベキュー。夜になったら星空がきれいに見える、高原のようなところだろう。家族旅行かもしれないし、サークルの合宿などかもしれない。夜空が立ち上がるのを「ととのふまで」と、ひとつの舞台装置のように表現したことで、そこからはじまる静かな時間を余韻として漂わせている。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】
  2. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  3. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  4. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】…
  5. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  6. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】…
  7. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  8. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市

おすすめ記事

  1. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  2. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  3. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  5. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  7. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  8. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  9. 【秋の季語】立秋
  10. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

Pickup記事

  1. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  2. 【冬の季語】火事
  3. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】
  4. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  6. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  7. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  8. 【春の季語】囀る
  9. 耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄【季語=西鶴忌(秋)】
  10. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
PAGE TOP