星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】

星空のととのふまでをバーベキュー  

小山玄黙 

俳句をはじめたころ(10年ほど前)、「季語になっていてもいいのに」と思っていた言葉のひとつに「バーベキュー」があったのだけど、最近ふと、角川「合本俳句歳時記」第5版(2019年)を眺めていたら、いつのまにか「キャンプ」の傍題に入っていたのだった。掲句だが、まだ暗くならないうちからはじめるバーベキュー。夜になったら星空がきれいに見える、高原のようなところだろう。家族旅行かもしれないし、サークルの合宿などかもしれない。夜空が立ち上がるのを「ととのふまで」と、ひとつの舞台装置のように表現したことで、そこからはじまる静かな時間を余韻として漂わせている。(堀切克洋)

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る