ハイクノミカタ

星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

星空のととのふまでをバーベキュー 

小山玄黙


俳句をはじめたころ(10年ほど前)、「季語になっていてもいいのに」と思っていた言葉のひとつに「バーベキュー」があったのだけど、最近ふと、角川「合本俳句歳時記」第5版(2019年)を眺めていたら、いつのまにか「キャンプ」の傍題に入っていたのだった。掲句だが、まだ暗くならないうちからはじめるバーベキュー。夜になったら星空がきれいに見える、高原のようなところだろう。家族旅行かもしれないし、サークルの合宿などかもしれない。夜空が立ち上がるのを「ととのふまで」と、ひとつの舞台装置のように表現したことで、そこからはじまる静かな時間を余韻として漂わせている。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  2. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  3. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  4. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  5. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  6. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季…
  7. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  8. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP