「寒雷」

  1. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】

    街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり原子公平「花の女王」と呼ばれるのも当然といった気品、風情でもって、堂々としたものだ。薔薇はいまの時分、馥郁として凛と咲き誇っている。道などを歩いていて、垣根に薔薇が…

  2. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】

    赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音古沢太穂昨今の夏は記録的…

  3. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】

    卒業す片恋少女鮮烈に加藤楸邨(『吹越』)春の別れ、それは卒…

  4. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】

    冷房とまる高階純愛の男女残し金子兜太(『金子兜太句集』) …

  5. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】

    菜の花の斜面を潜水服のまま今井聖明るくさびしく、どこか懐か…

  6. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】

  7. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】

  8. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】

  9. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】

  10. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太

  11. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】

  12. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  2. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  3. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  4. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  5. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  2. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
PAGE TOP