1. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】

    鷹鳩と化して大いに恋をせよ仙田洋子 この度のわが人生の節目。自分達では結婚披露パーティーはしなかったが、句会ごとに様々な形で催してくれていて有り難い限りである。雪・霙の中吟行したこともあった。俳人ら…

  2. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】

    魚は氷に上るや恋の扉開く青柳飛(「天為」) 俳人の間で「歳…

  3. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】

    冬河原のつぴきならぬ恋ならめ行方克巳(『昆虫記』) 冬の河…

  4. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】

    恋にしてわざと敗けたるかるた哉羅蘇山人(『蘇山人俳句集』)…

  5. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】

    毛糸玉秘密を芯に巻かれけり小澤克己(『小澤克己句集』) 〈…

  6. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】

  7. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】

  8. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】

  9. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】

  10. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】

  11. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】

  12. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  2. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  5. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】

Pickup記事

  1. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  2. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  3. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  4. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  5. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
PAGE TOP