ハイクノミカタ

  1. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

    川を見るバナナの皮は手より落ち高濱虚子初出は、1935年でこれにより「バナナ」が夏の季題となった。とてつもなく有名な句だが案外、この句の「川」と「皮」が同音意義語であることに触れた鑑賞というのは、少…

  2. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

    浄土からアンコールワットへ大西日佐藤文子孫悟空一行は天竺(…

  3. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】

    流しさうめん池田澄子を逃れくる水内慶太きっと夏の俳句大会か…

  4. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】

    ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子ゴーヤー(茘…

  5. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】

    かき氷日本を捨てる話して橋本直かつて寺山修司は「身捨つるほ…

  6. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

  7. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】

  8. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】

  9. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】

  10. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】

  11. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

  12. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  3. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  4. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  5. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

Pickup記事

  1. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  2. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  3. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  4. 【春の季語】冴返る
  5. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
PAGE TOP