ハイクノミカタ

  1. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】

    こまごまと大河のごとく蟻の列深見けん二「こまごまと」と「大河」というふたつの言葉は、一見すると矛盾している。蟻の列は、大河のようであるが、やはり「こまごまと」している。つまり、この表現は、自分で書い…

  2. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

    川を見るバナナの皮は手より落ち高濱虚子初出は、1935年で…

  3. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

    浄土からアンコールワットへ大西日佐藤文子孫悟空一行は天竺(…

  4. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】

    流しさうめん池田澄子を逃れくる水内慶太きっと夏の俳句大会か…

  5. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】

    ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子ゴーヤー(茘…

  6. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】

  7. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

  8. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】

  9. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】

  10. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】

  11. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】

  12. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

おすすめ記事

  1. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  2. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】
  3. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  4. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  5. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる

Pickup記事

  1. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  2. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
  4. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  5. 【春の季語】巣箱
PAGE TOP