あり

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

    つはの葉につもりし雪の裂けてあり加賀谷凡秋(かがや・ぼんしゅう))本格的に日や風のにおい、朝の空の色が冬らしくなって、野菜も味が乗ってきて、ラグビーは佳境に。本当に寒さが訪れる前の東京の、このころは…

  2. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】

    凍港や旧露の街はありとのみ)山口誓子音楽でスティングと聞い…

  3. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】

    高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ三溝沙美(さみぞ・さみ))日本…

  4. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

    目のなかに芒原あり森賀まり田中裕明(『夜の客人』) 作者の…

  5. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】

    夏山に勅封の大扉あり宇佐美魚目どっしりした句である。大部分…

  6. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】

  7. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】

  8. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】

  9. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】

  10. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

  11. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】

  12. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP