1. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 

    北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり)平川靖子『北海道俳句年鑑2022』より 北海道に来て、苦手だったものが大好物に変わった。それは、「貝」である。東京にいた時、食べることができたのは牡蠣・帆立くらいで、そ…

  2. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】

    薄氷の吹かれて端の重なれる深見けん二平成に発表された人気の…

  3. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 

    笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも)中村苑子笹鳴きは、茂みの中…

  4. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 

    さしあたり坐つてゐるか鵆(ちどり)見て)飯島晴子ち‐どり【…

  5. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんな…

  6. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】

  7. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】

  8. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

  9. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】

  10. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

  11. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】

  12. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】
  3. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】
  5. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 

Pickup記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  3. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  4. 【夏の季語】夏の月
  5. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
PAGE TOP