1. 先生が瓜盗人でおはせしか 高浜虚子【季語=瓜(夏)】

    先生が瓜盗人でおはせしか高浜虚子なんとなく始めた俳句。基本的なことを学ぼうと入門書を買って読んでみたけれど、あまり楽しくない。友人お勧めの句集を買ってみたけれど、全然わからない。そんな頃、解説文のあ…

  2. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】

    婚約とは二人で虹を見る約束山口優夢(『セレクション俳人 プラス 新撰21』…

  3. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎

    古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな加藤郁乎(『牧歌メロン』昭和45年)…

  4. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)…

  5. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ)飯島晴子『八頭』は、最…

  6. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】

  7. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】

  8. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】

  9. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】

  10. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】

  11. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】

  12. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】

おすすめ記事

  1. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  2. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  3. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  4. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  5. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  2. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  3. 【春の季語】屋根替
  4. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  5. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
PAGE TOP